オバケとパンツとお星さま―こどもが、こどもで、いられる場所

Written by kamochan July 7th, 2013

2013.06.29 – 2013.09.08 東京都現代美術館にて開催された。

Continue reading →
Close

…本展は、幼児から小学生のこどもたちを主な対象とし、こどもが、こどもで、いられる場所を目指して、美術館での鑑賞方法を楽しく学ぶとともに、自然なふるまいを抑制することなく美術に親しむ契機を創り出すことを目的に開催します。展示は、こどもたちの興味を引き付けるもの−「オバケ」と「パンツ」と「お星さま」− をキーワードとした5人(組)のアーティストの作品で構成されます。「オバケ」は、見えないものを見る力=”想像力””好奇心”であり、恐怖に打ち勝つ力=”勇気”を象徴し、「パンツ」は、大切なものを守るものでありオムツからパンツへという”成長の過程”を象徴します。「お星さま」は、”ファンタジーの世界”を表し、光、希望、未来を象徴するものです。これらの3つのキーワードは、こどもの興味を引き付けるとともに「こども」そのものを象徴する言葉として捉えることが可能ではないでしょうか。…
(2013.06.29 – 2013.09.08 東京都現代美術館)

…備忘録として…
・写真が撮れるというのは、これからの時代の展示だと思う。親としても嬉しい。
・娘は大広間でも動じること無く、展示を見ていて成長したな~と思った。
・歩きがうまくなってきたので、あちこち自分で興味のあるものを探していた。
・映像のインスタレーションが好きなようだ。

…写真…

額縁の中に入っていけるトリックアートです。


こんなように顔も回せます。反対からも回せるということは…。


ここの美術館には見晴らしの良い、明るい廊下があります。

  • Photo: kamochan

ART-MEMO

2015.04.11 – 2015.06.28 東京都現代美術館にて開催された。

Continue reading →

View all

UNCATEGORY

creating images, leaving the moment behind…

Continue reading →

View all