高松次郎ミステリーズ

Written by kamochan January 9th, 2015

2014.12.02 – 2015.03.01 東京国立近代美術館にて開催された。

Continue reading →
Close

…高松の作品は、時期によって見かけも素材もばらばらです。そして、そのことが「高松次郎」というアーティストを少しわかりにくくしてきました。しかし、ばらばらな作品をくわしく見ていくと、いくつかの形や考え方が繰り返し現われることに気づきます。背後に一貫したつながりがひそんでいるのです。この展覧会は、約50点のオブジェや彫刻、絵画、および約150点の関連するドローイングによって、近年、世界的な評価をますます高める高松の制作をご紹介するものです。アーティストの広大な思考世界を追体験しながら、作品に込められた謎を解くわくわく感を、どうぞ会場で味わってみてください。…
(2014.12.02 – 2015.03.01 東京国立近代美術館)

…備忘録として…
・仕事帰りに寄ってみました。空いているかと思いきや、意外と人が居ました。
・絵画からオブジェ、幅広い制作対象に驚きました。
・鷹野隆大がアトリエを写真に残していたというのが興味深かったです。
・同時に開催されていた、奈良原一高「王国」写真展も素晴らしかったです。

…写真…

光と影の作り方を体験できる影ラボです。


ちょっと来ていない間に休憩室もリニューアルされていました。

  • Photo: kamochan

ART-MEMO

2015.04.11 – 2015.06.28 東京都現代美術館にて開催された。

Continue reading →

View all

UNCATEGORY

creating images, leaving the moment behind…

Continue reading →

View all